パレットくもじ[久茂地] (デパートリウボウ[RYUBO])

パレット久茂地。パレット。りうぼう。呼び方は様々だ。沖縄県民にとってちょっと格式高いイメージを持つ総合デパート。通い慣れた那覇市近郊以外のウチナンチュなら、『パレット行ってみよう!』この一言でお洒落に気合が入る。

つまり、洋服を買いに行くための洋服で自分を武装しなければ、あの高級感のプレッシャーに押しつぶされそうになり、回転ドアに挟まれそうになるほどの重圧を感じる。それが、沖縄県民にとっての『パレットりうぼう[RYUBO]』なのである。

大人感・ダンディな雰囲気の複合商業施設

沖縄県民は、那覇市久茂地のこの複合商業施設を通称『パレット』と親しみを込めて呼んでいる。この施設内の店舗で購入した服飾を着る、レストランで飲食を楽しむ、本を購入する、映画を観る、ビアガーデンでたらふくビール(オリオンビール)を飲むことがステータスの一つになっているのだ。ちなみに、庶民の私はサンエー派である。

パレット久茂地ロゴ

県民からは様々な名称で呼ばれているようだ。パレット。パレットくもじ。りうぼう。または、施設内の店舗名で呼ばれていることもある。『無印(無印良品)行こう』、『スカイビアガーデン行こう』、『ポール・スミス行こう』など。私は、パレットくもじと呼んでいる。

そんな、沖縄県民から親しまれるパレット久茂地リウボウを撮影してみた。すると、改めてなぜこの建物・施設がワッターウチナンチュならこれほど愛されるのかが分かった。その理由は写真を見てもらえれば言葉は無くとも理解してもらえると思う。

1階と周辺の写真素材

平日のパレット久茂地周辺は仕事帰りのビジネスマン・OLさんで賑わい、学校帰りの、または予備校・塾へ向かう前の学生さんで賑わうんです。週末・土日は家族連れで賑わうんです。特に、モノレールが開通してからは人の流れが増えたような気がします。国際通りへの入り口として観光客だけでなく那覇人(ナハンチュ)からも愛されるのがパレット久茂地なんですね。

  • 久茂地川沿いのウラから見た建物外観

    建物の裏、久茂地川から見上げたパレット久茂地の裏側である。リウボウの裏の顔を見た人は少ない。

  • パレットくもじ駐車場の看板

    パレット久茂地の駐車場だ。週末、土日は駐車場の空車待ちで車が列をなす。沖縄では車が行列に並ぶ。

  • 1階入り口のロビー周辺

    1階のリウボウ銘店街の入り口。遠ろ沿いの歩道からこのスペースに上がる部分の段差で転ぶ人多数。

  • 1階中央入口の回転ドア

    1階にある中央口の回転ドア。私のような田舎者は入店まで数分を要する。別名、入店試験場である。

  • テナント空きスペースのパレット久茂地ロゴ

    1階のテナント店舗案内図にあるロゴ。幽霊のように見えるのは撮影者であり、決して怨霊ではない。

  • 県庁側の噴水やタクシー乗り場の待合広場

    タクシー乗り場や噴水のある広場。ここでデートや買い物の待ち合わせをするのがお決まりとなっている。

  • デートの待ち合わせなど、県民憩いの噴水広場。

    憩いの場、噴水広場は県民のゆんたく広場でもあるが、晴天の日は直射日光が強烈で無人になる。

  • 花笠がモチーフに使われた噴水

    噴水のモチーフは花笠が用いられている。間違っても琉球舞踊で踊り手の花笠から水は噴き出ない。

  • ブラジルのサンビテンセ市との友好案内板

    姉妹都市、ブラジルのサンビテンセ市との友好の記念として設置された『大きな耳』。確かに大きい。

  • 国際・国内電話が可能な公衆電話

    国際・国内電話の公衆電話。私は一度も使っている人を見たことがないが、需要はあるのだろうか。

  • タクシー乗り場

    タクシー乗り場で客を待つタクシー。以前は、夜の那覇に繰り出す若者たちが無断で駐車していた。

  • 1階にあるファーストフード「MOS BURGER(モスバーガー)」

    県庁側の入口にあるファーストフード『モスバーガー(MOS BURGER)』。若者は『モス』と略す。

  • 忙しく人が行き交うスクランブル交差点

    スクランブル交差点に向かってシャッターを切る。結婚披露宴の余興でよく使われる場所でもある。

  • 高くそびえ立つ沖縄県庁庁舎

    『モス』から県庁を睨んでみた。県民による県民のための県民の仕事を!と心のなかで叫んでみた。

屋上庭園とロゴに最接近の図

館内に入り、屋上へ向かいます。以前はテナント店舗で買い物をすることも何度か有りましたが、不況の波に襲われて私の財布の中身はスッカラカンカン照りでございます。ということで、ここ最近は地下の食品コーナーのパン屋さんで『今日のオススメ』を買い、そのまま屋上へ移動して日向ぼっこしながらの時間を潰すぐらいでしか訪れてはおりません。

  • エレベーターで最上階に上った瞬間

    エスカレーターに導かれるまま最上階に到達した。夏の夜、ビアガーデンで賑わう憩いの場だ。

  • 屋上に建つ大きなリウボウロゴ

    最上階から臨むリウボウのロゴ。ロゴ右の四角にもきっと意味があると思うのだが意味わからん。

  • 那覇市役所庁舎を見下ろす

    最上階付近から見下ろした那覇市役所庁舎。誰が設計したのかは知らないが、いいんじゃない!?

  • 屋上付近から見下ろす道路

    パレットくもじと那覇市庁舎の間の道路を見下ろしてみた。高所恐怖症な自分はガクブル。

  • 沖縄県庁と沖縄県議会事務局

    沖縄県庁と沖縄県議会事務局を枠内に収めて撮影してみた。さて、二棟でおいくらでしょう?

  • 沖縄県議会事務局と那覇市役所庁舎の間の公園

    沖縄県議会事務局と那覇市役所庁舎の間には公園があるって知ってました?なんていう公園だっけ。

  • 沖縄県議会事務局の前の交差点

    沖縄県議会事務局の前の交差点を見下ろしてみた図。休日の午前中は交通量少ないね。

  • 大画面の液晶テレビが映る久茂地スクランブル交差点

    久茂地スクランブル交差点を撮影。ここが国際通り入り口であります。沖縄屋が目印です。

  • パレット最上階にあるビアガーデン会場

    最上階の広場です。夏の夜はビアガーデンが開催されています。昼は静けさが漂う空間が広がる。

  • オリオンビールのブース

    店舗ブースも静寂に包まれています。夜な夜な、ここからオリオンビールが巣立つのですね。飲みたいなぁ・・・

  • ORION[オリオンビール]ロゴ

    オリオンビールのロゴアップ。ちなみにオリオンビールの名称は募集で決めたとか。県民に愛されるわけだ。

  • オリオンキャンペーンガールの水着ポスター

    オリオンキャンペーンガールの水着ポスター。沖縄ちゅらかーぎー代表でもありますよね。

  • 青空をバックにしたリウボウロゴ

    青空をバックにリウボウロゴを撮影。夕日に照らされるロゴも見てみたいではありますな。

  • 斜めから撮影したリウボウロゴ

    これは貴重なショットですよ。なんせ斜めからロゴを2つも見れるなんて、こんな撮影する人いない。

  • 逆光気味のリウボウロゴ

    逆光気味でロゴを見上げた図。個人的に一番お気に入りのロゴ撮影となりました。太陽とリウボウ。

  • 最上階の屋上庭園

    ナハンチュ(那覇人)が密かに寛ぐのが最上階の屋上庭園。地下デパでパンを購入してコーヒーと味わう。

  • 屋上庭園のベンチスペース

    屋上庭園のベンチスペース。お昼は弁当を食べるサラリーマン、休日は寝転ぶお父さんの憩いの場。

  • 屋上庭園に植えられた植物

    屋上庭園というだけあって緑もかなり豊富にあります。この花なんて、太陽に照らされて光ってる!

  • 屋上庭園を歩いて周回してみる。

    案外広い屋上庭園。散歩がてらグルリと周ってみるのもいいもんです。ちょっとした運動にも。

  • 色とりどりに咲くランタナの花

    この花は、ランタナ、という植物でしょうか。花目当てに散策するのも和みます。デートの休憩にも。

  • 屋上から望む沖縄県庁庁舎

    屋上庭園から沖縄県庁の上階が見えます。見えるからと言って何も起きませんが(笑)一目見ておきましょう。

  • パレットの上階からの那覇市役所庁舎

    パレットの上階から那覇市役所庁舎を眺めると綺麗ですね。晴天の青空を背景にすると壮観ですね。

  • 沖縄県議会事務局と沖縄県庁

    沖縄県議会事務局を手前に、沖縄県庁をバックにしたこのような構図もパレット外階段から撮影可能。

  • 沖縄家・ホテルロコアナハ

    外階段から沖縄家・ホテルロコアナハを撮影するとこんな構図に。街路樹や通行人も絵になります。

外観図・久茂地川・国際通りを撮影

改めて1階から見上げた外観図を見てみると、長らく県民から愛されてきた理由を肌で感じることが出来ました。驕らない、でも気品溢れるその佇まいは戦後沖縄の復興を象徴しているかのようでワッター沖縄人(ウチナンチュ)の心の声を代弁しているかのようで誇らしいのです。ま、最近はほとんど行きませんが・・・。

  • 青空をバックに那覇市役所庁舎を見上げる

    1階の中央入口付近から撮影した那覇市役所庁舎。上からも下からも壮観さは変わりませんね。名建築だ。

  • 1階から望む最上階のパレット久茂地ロゴ

    1階から外階段の頂上を見上げるとカタカナ・平仮名のロゴがあるじゃありませんか!?思わずパシャ!

  • 青信号の久茂地スクランブル交差点

    スクランブル交差点から撮影を試みる。ついでにスクランブル交差点も撮影してみる。観光客で賑わう。

  • スクランブル交差点から撮影したパレット久茂地

    個人的にパレット久茂地のベストショット。この斜めからの撮影図が一番パレット久茂地を綺麗に見せる。

  • スクランブル交差点から撮影したパレット久茂地

    少し角度を変えて撮影しただけでも表情が変わる。ここが写真撮影の醍醐味。しかも晴天だしね。

  • 国際通りの路上喫煙禁止条例マーク

    国際通りは路上喫煙禁止条例でスモーカーには居づらい場所に。ま、ノンスモーカーの自分には関係ない。

  • 国際通り入り口の門番シーサー

    国際通り入り口の門番。不審者・変質者の侵入をこのシーサーが感知・察知して通報するとかしないとか。

  • 2階テラス側のパレット久茂地

    沖縄銀行本店側から撮影するとこのような構図に。椰子の木・青空とこれだけマッチするデパートはない。

  • モノレール県庁前駅側のパレット久茂地

    久茂地川沿いからの構図。モノレールの階段・日除けとも違和感無く収まるこの佇まいはさすがの一言。

  • 2階パレットから撮影したモノレール県庁前駅

    2階から移動が可能なモノレール県庁前駅。県民の観光客の足として定着したゆいレールであります。

  • パレットくもじ2階の通路

    モノレールを降りてスクランブル交差点に向かう道。この日除けのひと時が嬉しいんであります。

  • 液晶画面・時計の前の広い外階段

    この広い階段を下って降りるとスクランブル交差点。イベント時にも活用される階段であります。

  • 2階テラスから撮影したスクランブル交差点

    2階のテラスからスクランブル交差点を望んだ図。せわしく人が行き交う様子を眺めるのもいいですよ。

  • パレット久茂地のからくり時計

    何千・何万人のウチナンチュに時刻を知らせてきたからくり時計、と大画面のパレットビジョン。

  • からくり時計をアップで撮影

    パレット時計の針が◯時になっても来なかったら別れる。そんな喧嘩が繰り返されてきた、かも。

  • 自販機コーナー近くのスモーキングエリア

    モノレール出口付近に設けられた自販機コーナーにはスモーキングエリアが設置されているんだ。

  • 瓦屋根のついた自販機コーナー

    自販機コーナーにはシーサー付きの赤瓦の屋根が設けられて見た目も楽しめるエリアとなっています。

  • モノレール用のエレベーター

    モノレール用のエレベーター・通用口には、お洒落な日除けが設けられています。影に入ると涼しい。

  • 汚れた久茂地川

    出口から見える久茂地川は想像以上に汚れており、泳ぐ気は一ミリも湧き出て来ません。なんちゅう色だ。

  • 濁った久茂地川

    この川に綺麗で透き通った水が流れていたら、周辺の賑わいに可能性がもっと広がりそうでありますね。

  • 久茂地川沿いの自転車駐輪所

    モノレール県庁前駅の下には、自転車(バイク以外)の駐輪場が設けられています。しかしそこには・・。

  • オートバイ駐車禁止の案内

    オートバイ駐車禁止の文言があるにもかかわらず、停める強者!?も多数いて困ったもんだなぁ。

  • 不審者の似顔絵張り紙(貼紙)

    似てるのか似てないのかわからん不審者の似顔絵だが、その出没エリアの広さに脱帽してしまう。

  • 沖縄テレビ・OTVの外観図

    おまけに、OTVの外観図も残しておこう。使う機会はほぼないと思われるが、思い出に撮っておいた。

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ