誰も撮らない沖縄(琉球)の姿

沖縄で生まれ育った管理人でも、未だに驚きと発見があるのが沖縄県。動植物、食べ物、行事文化・イベント、そして人間。初めて食べた沖縄在来豚アグーの脂身の旨さ、沖縄在来の島かぼちゃ(南瓜)の濃厚な甘み、今は途絶えてしまった南城市の神の島『久高島』のイザイホー、どれも神秘的で奥が深い。

休日にはバイク(またはレンタカー)を利用して撮影プチ旅行に出掛けるのが唯一の趣味(というか生きがい!?)。のらりくらり(沖縄方言で「よんなーよんなー」)、しかし、たまにカメラを忘れたり(υ´Д`)、そんな感じで撮影してきた写真(画像)を提供しているのが当ホームページです。

こんな写真素材があったらいいな

このホームページを起ち上げた(開設)した理由の一つに、こんな写真素材があったらいいのにな、あると便利だなぁって、ずっと前から(嘘、ちょっと前から)思っていて、じゃあ自分で起ち上げちゃえばいいや!と解説してみたんですね。同じような思いの人が、多分、この日本に一人や二人はいるかもしれないから(;´д`)ゞ。

那覇市公設市場近くの野良猫

インターネットの「イ」の字も知らない頃から、外出するときはカメラを持つようにして何かしら撮影していたんだよね。そして撮りためておいた、かつ素材として提供できそうな写真(画像)をこのホームページに載せています。

水(ミネラルウォーター)も、ヘタしたら空気(酸素カートリッジ[携帯酸素吸入器])さえもお金を出して手に入れる時代。そんな世の中で管理人が撮影した沖縄の写真が素材としてホームページやブログなどで役に立ってもらえれば嬉しいんだ。

  • 沖縄米軍基地で購入したORANGE SLICESE

    沖縄米軍基地内で購入した米国のお菓子(砂糖菓子)ORANGE SLICESE。超絶甘くて、でも癖になる旨さなんだよね。

  • マルタケの沖縄そば乾麺

    県内スーパーで販売されてるマルタケの沖縄そば乾麺。沖縄そばとして食べてもいいし焼そばにしても美味しい。

  • サン食品の沖縄そば生麺

    サン食品の沖縄そばの生麺(2人前)。沖縄そばの手作り体験教室も開いているサン食品の麺は県民にはお馴染み。

  • オキハムのタコライス

    オキハムのタコライス。※開封済みなのはご愛嬌!?沖縄生まれ沖縄育ちの県産品タコライスは観光客にも大人気!

  • 本島南部の亀甲墓(かめこうばか、きっこうばか)。亀の甲羅を模したお墓。人が生まれ出るところを表現してる。

  • 沖縄の古本屋

    とある那覇市内の古本屋さんの店内をパシャリ。独特のまったりとした空気が漂う空間とニオイがたまらないね。

  • 沖縄の古本屋

    雑然と見えるがキッチリと計算されて配置されている!?何年か前に古本屋さん巡りブームが自分だけにあった。

  • 台風で停電した街を照らす月

    台風17号「ジェラワット」で停電して闇と静寂に包まれた街で唯一の明かりは闇夜に浮かぶ月の光だけだった

  • 台風で停電した街

    徐々に停電が復旧していく中、明かりに引き寄せられて近づいてみるとファミリーマートだった。頼れる存在だ。

  • 首里劇場

    那覇市首里劇場。ザ・おとなの映画館である。愛と夢と希望が歴史とともに積み重ねられた異空間を初めて見た。

  • 浦添市美術館

    浦添市美術館の展望台から浦添市を望む風景。なんと日本で唯一、琉球漆器を専門に扱う美術館なのだとか!?

  • 浦添市美術館

    初めて浦添市美術館を訪れたのは、確か琉球織物の展示だったと思う。琉球絣、芭蕉布、宮古上布、久米島紬。

  • 浦添市美術館

    美術館ていうのは定期的に、目的もなくフラッと入ってみると意外に自分に合った展示会が開かれてたりする。

  • 浦添市美術館

    目的地を決めない時のデートコースに取り入れてもいいし、一人でも家族連れでも楽しいと思う(※要マナー)。

普段着の沖縄の風景

観光客用に飾らない沖縄の風景。観光地化した(来客用に化粧を施した)琉球文化の沖縄は、もうお腹いっぱいかもしれない。地元の、根を張った生き方をしている庶民の目線で撮った沖縄の写真。そんな写真が撮れたらいいな。

  • 南城市のカフェくるくま

    南城市のカフェくるくま。高台に建つとても景色の良いリッチ。ハーブ系の料理が人気のアジア・エスニック料理店です。

  • 南城市のカフェくるくま

    くるくまを運営する株式会社仲善(なかぜん)では、健王という40数種類のハーブを組み合わせたお茶があり、オススメです。

  • 浦添市の牧港火力発電所

    沖縄本島南部の浦添市にある沖縄電力の牧港火力発電所(まきみなとかりょくはつでんしょ)。石油火力発電所です。

  • 浦添市の牧港火力発電所

    浦添総合病院のドクターヘリが救急患者を搬送する場合、牧港発電所敷地内に着陸し救急車で病院に搬送しているのだ。

  • 浦添市の牧港火力発電所

    戦後の沖縄で最初に作られた牧港発電所の電力は、主に米軍向けだったが、後に民間での使用もできるようになったのだ。

  • 浦添市のパチンコ屋ファラオ

    浦添市牧港の58号線沿いにあるパチンコ屋さんファラオ。一瞬、古代エジプト時代にタイムスリップした錯覚に陥るのだ。

  • 糸満市の平和創造の森公園

    本島南部、糸満市の平和創造の森公園の入り口だ。1993年(平成5年)、第44回全国植樹祭の開催に合わせて開園した公園だ。

  • 糸満市の平和創造の森公園

    公園の向かいの海・ビーチはサーフィンの名所・スーサイドと呼ばれ、サーファーたちの聖地!?のような場所なんだ。

  • 糸満市の平和創造の森公園

    家族でピクニックに、自転車で走り回る、サッカー、野球で遊ぶ、なんていう姿も休日には見ることができるんだよ。

  • 糸満市の平和創造の森公園

    ちょっと気をつけて欲しいのが、草むらなどにはハブがいるかもしれないから、そこは注意して遊んで欲しいんだな。

  • 自衛隊の募集広告

    自衛隊の募集広告だ。中国との尖閣諸島問題、与那国島への配置などなど、難しいことはわからないけど、平和が一番!

  • 沖縄の野良猫

    那覇市の平和通りを抜けて辿り着く桜坂で出逢った猫。とにかく眠いらしい(笑)。近づいても目を開けて見るだけにゃんだ。

  • 沖縄の野良猫

    カメラのレンズを向けるとこんな動きをしてくれた。恥ずかしがり屋さんなシャイな猫ってことが判明しました(爆笑)

  • 沖縄の野良猫

    那覇市の繁華街、牧志公設市場から少し入った場所で出逢った猫。冷静沈着って感じの落ち着いた猫。人間は嫌いですか?

  • 沖縄の野良猫

    いやいや、そうでもないらしい。カメラを向けると『おい、格好良く撮れよ』と言わんばかりに接近してきた。パシャリ。

  • 年末の道路工事

    こちらは年末、予算潰しの道路工事!?渋滞にもなるし、本当に予算の無駄遣いなら止めて欲しい。でもお疲れさんです。

  • 年末の道路工事

    あちらこちら、どこもかしこも道路工事だ。何も出てこないのに掘るな!でも、埋蔵金が埋まってるなら手伝いますよ!

  • 年末の道路工事

    確かこの工事で通常は30分で到着する場所に1時間30分もかかった覚えがある。この時は憤慨する!って意味がわかったよ。

  • 年末の道路工事

    でもでも、工事作業員のおっちゃんに起こっても仕方ないから、出来る事といえば、選挙に投票して世の中を良くすることだ!

沖縄生まれ沖縄育ちの独特な文化

沖縄には、ここだけにしかない文化・風習が数多く存在する。食べ物も、自然も、動物も、文化も、風習も、そして人間も。低所得、低学歴なのになぜ日本人は沖縄に惹かれるのか。言葉では説明できない魅力があるからだと思う。

  • オリオンビール サザンスター

    独自の醸造技術によりすっきりとした爽快な味わいを実現したオリオンビール サザンスター!夏はこれだよな!

  • オリオンビール サザンスター

    沖縄の青い空・青い海・男たちの青いアゴヒゲ!?を表現した青が特徴のビール!海辺のBBQで飲みたい一本!

  • オリオンビール サザンスター

    夕暮れ時の、赤く映える海、そして砂浜を素足で歩きながら飲むオリオンビールの美味さったら言葉にできない!

  • オリオンビール 麦の雫

    緑色のビールがオリオンビールから出た!?そう、それがこの麦の雫(むぎのしずく)。琉球・沖縄家庭料理に!

  • オリオンビール 麦の雫

    食事がもっと美味しくなる、食卓がもっと楽しくなるがフレーズの麦の雫。最近、晩飯に欠かせない飲み物になった。

  • オリオンビール 麦の雫

    オリオンビールの創業者「具志堅宗精(ぐしけんそうせい)」の魂を引き継いで、これからも飲み続けますよぉ!

  • オリオンビール 麦の雫

    その昔、エイサーの練習後にオリオンビールが差し入れをしていたという話を聞いた。これこそ地元密着の企業だ!

  • オリオンビール 夏いちばん

    夏の期間限定商品 夏いちばん!花火と濃い青との対比が印象的なビール。アルコール中枢を刺激してくれるぜ!

  • オリオンビール 夏いちばん

    この夏のイチオシ!夏季限定醸造生ビール夏いちばんはのどごし爽快!鮮度バツグン!地ビールはこうでなきゃね!

  • オリオンビール 夏いちばん

    沖縄の夜空に打ち上げられる花火の感動と興奮はオリオンビールで流し込め!そんなメッセージが伝わってくるね!

  • 沖縄ホーメル SPAM(スパム)

    沖縄の家庭料理ポークたまごに欠かせないのが沖縄ホーメルから発売されているこのSPAMスパム!減塩タイプだ!

  • 沖縄ホーメル SPAM(スパム)

    沖縄料理だけじゃなくてハワイ料理にも使われている。メタボ対策・健康対策として改良された減塩タイプが美味い!

  • アメリカのピーナッツ菓子

    沖縄米軍基地内からのお土産、アメリカのピーナッツ菓子。一度食べ始めると癖になって止められないんだ。止めて!

  • アメリカのピーナッツ菓子

    製造会社PLANTERS(プランターズ社)のシンボルキャラクターはミスターピーナッツ(MR.PEANUT)という名の紳士。

  • 株式会社シマヤの沖縄そばだし

    株式会社シマヤのポークエキスをベースにかつおだしの風味を合わせた「沖縄そばだし」。中華麺でも美味いんだよ!

  • マルタケ琉球そば乾麺

    沖縄伝統の味(マルタケ琉球そば)郷愁美味という名の通り、懐かしい家庭の味がする平・乾麺なんだ。チャンプルーにも。

  • マルタケ支那そば乾麺

    平たい麺の乾麺の沖縄そば。沖縄そばだけじゃなくてチャンプルー料理にもオススメ。つるんと喉を通って行くよ!

  • マルタケ沖縄そば乾麺

    つるんつるんっとした喉越しが特徴のマルタケの沖縄そば乾麺。細いうどんと同じぐらいのサイズ。硬さは調整してね。

  • オキハムのじゅーしーの素

    オキハムの沖縄風炊き込みご飯といえば「じゅーしー」!お米と一緒に炊き込むだけで簡単に完成しちゃうのが嬉しい!

  • オキハムのタコライス

    沖縄そばと並ぶ沖縄ソウルフード「タコライス」!観光客だけに食べさせるのは勿体無い!ウチナンチュも食べようぜ!

  • フリーマーケットの様子

    本島南部で開催されたフリーマーケットの様子。太陽が燦々と降り注ぐ暑い中、みな楽しそうに売買を行なっていたよ。

  • 月刊hands(ハンズ).

    音楽・エンターテイメント・ アート・ファッション等、沖縄のストリートムーブメント・ネオカルチャーを発信する月刊誌ハンズ。

  • ハブ注意警告の看板

    沖縄本島南部の駐車場にあるハブ注意警告の看板。外部から持ち込まれたハブと、在来種のハブが交配し、新種(愛の子・交雑種・雑種)のハブが生まれている。

  • スプレーアート・グラフィティ

    海岸の壁画。スプレーで描かれたグラフィティ(Graffiti)というものらしい。沖縄をテーマにすればいいのかなと思う。

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ