ウチナンチュの心、沖縄そば!

なんと、沖縄県内で1日に約2万食も消費されるというのが沖縄そば。『ゴーヤーチャンプルー、ソーミンチャンプルー食べたいなぁ』とつぶやくウチナンチュは少ないが、『沖縄そば食べたいさぁ!』と叫ぶウチナンチュは数え切れないほどいる。ほぼ、中毒に近い。

普段、家庭で食する沖縄そばは、大手製麺所が手がける沖縄そばの麺が使用される。これが各々の沖縄そば専門の店舗では生地打ちから手作りでこだわっている場合の美味いこと美味いこと(๑╹ڡ╹๑)ノ

沖縄そば(軟骨ソーキ、三枚肉、てびち)

沖縄そばと一口で言ってもその味、種類は様々。同じ名称でも店舗(作り手)やだしの取り方で味は全然違ってくる。沖縄そば好きのことを『沖縄そばじょーぐー』と親しみを込めて呼ぶが、そばじょーぐー達には必ずといっていいほど行きつけの沖縄そば屋さんがある。

沖縄そばの始まりは、という歴史うんちくはこのホームページでは述べない。それは沖縄観光本で調べて下さい。沖縄写真素材では、沖縄そばの写真を見て、ヨダレを垂らしてもらい、沖縄そば中毒を一人でも増やしたいという思い(願い)が込められています。

一度食べたら止まらない・辞められない、そんな魔力!?魅力!?満載なウチナーソウルフードの沖縄そばの写真を見て一度はめんそ~りよ~ヾ(゚д゚;)

さまざまな沖縄そば

麺の細さ、太さ、色形、スープの色・透明具合、載っている具材の種類・サイズなど食材にばかり目がいきがちな沖縄そばだが、よく観察してみるとその器にもお店独自の、店主のこだわりが詰まっているのがよくわかる。ウチーナーすばは、味・香りだけに非ずということを理解して欲しい。

  • トロトロの軟骨ソーキそば

    那覇市若狭で食べた味くーたーの軟骨ソーキさぁ。ここからワンの沖縄そば探訪が始まったわけさ。

  • よもぎが入った豚肉そば

    那覇市若狭で食べた豚肉そば400円さぁ。サイコロ状の豚肉とよもぎの相性が最高さぁ!

  • シンプルな沖縄そば

    那覇市辻で食べたシンプルな沖縄そば。コシのある平麺に柔らか軟骨ソーキとスープが絶妙だわけさぁ!

  • ガーリック風味のチキンそば

    外人の多い沖縄市で食べたチキンそばはガーリックが効いてスパイシーな沖縄そばだったわけさぁ!

  • 沖縄そば定食、とんかつ付

    こちらも沖縄市で食べた沖縄そば定食さぁ!沖縄そば、白ご飯、トンカツとボリューム・カロリーたっぷりさ!

  • トロトロ軟骨、三枚肉が載った沖縄そば

    那覇市の曙で食べたトロトロ軟骨と三枚肉、じゅーしーが付いた沖縄そばさぁ!

  • 無料で振舞われた沖縄そば

    沖縄本島北部の本部町で開催された沖縄そばフェアで無料で振舞われた固めの肉・麺の沖縄そばさぁ!

  • シンプルな三枚肉そば(並)

    那覇市西で食べた三枚肉そば(並)はあっさりスープとほどよい硬さの三枚肉が美味いさぁ!

  • 軟骨ソーキとじゅーしー

    那覇市久茂地で食べた軟骨ソーキそば・じゅーしーさぁ!味もさることながらスタッフも最高!

  • 軟骨が別皿の軟骨ソーキそば

    那覇市与儀で食べた軟骨ソーキそばさぁ!軟骨は別皿に盛られて写真に写ってないさぁ(笑)!

  • てびちそば

    那覇市東町で食べたてびちそば!観光客・地元客でごった返す超有名・人気店の味はワンが保証済みさぁ!

  • 馬肉そば

    那覇市曙で食べた、馬肉そばは初体験の馬の味に一目惚れしてしまったのであります。

  • もずくそば

    南城市は奥武島で食べたもずくそばは海の香り、磯の香りと相まって増幅される美味しさじゃ!

  • シンプルな沖縄そば

    那覇市久米で食べたシンプルな沖縄そばの魅力を再発見させてくれた名店。おばちゃんがいい味だしてる。

サイドメニュー

沖縄そばには様々なサイドメニューが存在しているのです。じゅーしー、フーチバー(よもぎ)、紅しょうが、コーレーグースなどなど、ひと味もふた味も楽しめるのが醍醐味でもあるのです。そこで私が目にしたサイドメニュー(と言えるかどうか不安なのもありますが)をご紹介させて頂きます。

  • 軟骨ソーキ

    沖縄そばとは別皿に盛られたトロットロの軟骨ソーキ。ちょいと炙られた絶品・美味は一度食べたらハマる!

  • 薬味のしょうが・よもぎ(フーチバー)

    馬肉そばに添えられた薬味のよもぎ(フーチバー)としょうが。一口ごとに味が変わる。

  • もずくゼリー

    南城市で食べたもずくメニュー。そばに盛るもずく、もずくゼリー、単品もずくともずく盛りだくさん!

  • 魚の天ぷら

    沖縄そばにサービスで付いてきた天ぷら。そばと天ぷらの相性をここで知ったのだ。

  • ピパーツの炊き込みご飯

    奥武山で開催された産業まつりでハーブのピパーツで作られたじゅーしー。これは美味だなぁと感じた。

  • 大東寿司

    ボロジノ食堂の大東寿司。寿司と沖縄そば!?意外と合うんですね、新発見満載なのでした。

  • じゅーしー

    セットで付くじゅーしー(沖縄版の炊き込みご飯)は沖縄そばと最強最高の組み合わせなのです。

  • 自家製のお漬物

    木灰そば とらやの自家製のお漬物。料理を待つ間ムシャムシャと食べてしまう美味しさであります。

  • 梅炊きじゅうしぃ

    同じくとらやの梅炊きじゅうしぃ。良い意味でじゅーしーの概念をぶち壊してくれたとらやに感謝!

  • ぜんざい

    同じくとらやの食後のデザートぜんざい。お餅とあんこが絶妙のバランスを保って胃袋に送り込まれる。

  • 山盛りのじゅーしー

    名護市の八重食堂の自分でスープを注ぐ沖縄そばに付いてくる山盛りのじゅーしーです。家庭の素朴な味。

  • フーチバー(よもぎ)

    糸満市のお母さんのそばに付いてくるフーチバー(よもぎ)です。意外とじゅーしーとも合うんですよ。

  • 炙り軟骨ソーキ

    いしぐふーの炙り軟骨ソーキ。丁寧に仕上げられているのが一目で分かるほど美味しさが伝わってきます。

  • 薬味のわさび、からし

    こちらもいしぐふーの薬味のわさび、からし。炙り軟骨ソーキに添えて食べるともうパラダイス天国!

  • アグーハンバーガー

    八重瀬町の南国亭で沖縄そば以外に食べられるのがアグーハンバーガー!ジューシーだけどサッパリ!

  • 島豚アグー

    沖縄在来の島豚アグー。脂身は甘みがあってアッサリとしている。こんなハンバーガー初めてだ!

  • ごぼう・卵焼き

    糸満市のブラウンシュガーではセットでごぼう・卵焼きが付いてきた。家庭の味がするお母さんの味。

  • 挽きたてコーヒー(coffee)

    食後には挽きたてのコーヒーを頂いた。ブラックで香りと味を楽しみながらそばの後味に余韻に浸る。

  • 温かい沖縄ぜんざい

    八重瀬のニシムイそばではデザートに温かい沖縄ぜんざいを頂いた。味も雰囲気もスタッフも最高だった

  • じゅーしーおにぎり・いも天ぷら

    南城市のすばやぁ~は沖縄発のセルフシステム。じゅーしーおにぎり・いも天ぷらを自分でチョイス。

  • サーターアンダギー

    糸満のゆくい処おおしろでは他のお客さんからサーターアンダギーのおすそわけを頂いた。美味い!

  • ぼろぼろじゅーしーのおじや

    那覇空港近くのたから家でぼろぼろじゅーしーのおじやを頂いた。火傷に注意だが絶品の美味さだ!

  • 魔女のコーレーグース

    浦添市のあがり家+では魔女のコーレーグースを発見。怖くて使わなかったけどね(笑)誰か食べてみて!

  • ケーキのような冷奴

    モノレール首里駅降りてすぐのそば処くんちではケーキのような冷奴が美味かった。これは美味だ。

その他

沖縄そば屋さんを巡ってみると、各店舗、店主のこだわりが垣間見える。味だけでなく店舗自体の作りや店内の装飾インテリアなど注意してみてみるとその嗜好趣味には並々ならぬこだわりが感じられる。そんなところにも注目しながらもそばを楽しんでみるといいかもしれない。

  • 沖縄そば箸

    南城市そばヤブサチの雑貨コーナーで販売されている沖縄そば箸。このお箸で食べると旨さ倍増!?

  • 食券機

    豊見城市TOMITON内の沖縄そば博の食券機。事前に決めておかないと自分が行列を作る原因に!?

  • 食券機

    食券機のアップ。まんじゅまいという店舗のメニューボタンを撮影。どれも美味しそうである。

  • 沖縄そばの歴史を学べるコーナー

    沖縄そばの歴史を学べるコーナーが設けられている。食べた後にどうぞ。

  • 沖縄そばの歴史を学べるコーナー

    沖縄で、沖縄そばのウンチクを語れる男はモテる!という話は聞いたことがないが少なくとも嫌われない。

  • 旗

    店舗入り口で風になびく旗。宮古そば、八重山そばの他に様々な内容の旗がなびいている。

  • 手書きポップ[POP]

    ゴーヤーそばセットの手書きポップ[POP]。カラフルさが南国沖縄を上手く表現してる。

  • 沖縄そばを調理中するマスターの後ろ姿

    那覇市松山のカクテルビル1階のそば家の沖縄そばを調理中するマスターの後ろ姿。男は背中で語る。

  • 素朴なカウンター

    そば家の素朴なカウンター。これまでに大勢の人が食してきた歴史がここに染み込んでいる。合掌。

  • カウンターに置かれた調味料

    そば家のカウンターに置かれた調味料箱。定番の割り箸、定番の味塩、定番のコーレーグースとシンプル。

  • メニュー表

    店内に貼られたメニュー表。黄色い紙に記された各々のメニューは沖縄の家庭料理の味が詰まっている。

  • 並べられた泡盛

    実は、沖縄そばと泡盛の相性が良いことはあまリ知られていない。一緒に食すると、美味いんだなこれが。

  • イラブー酒

    イラブー酒と沖縄そばの相性は、まだ未知数。死ぬまでにやりたいこと100に入れてるのはここだけの話。

  • 調味料箱に入ったお菓子

    テーブル席に置かれた調味料箱にはお菓子が一緒になっていることが少なくない。これは沖縄だけ?

  • 店内禁煙の案内

    禁煙の波は沖縄そば屋にも押し寄せている。そばじょーぐーへの道はまずノンスモーカーになることから。

  • 温かいお茶

    とある店舗で頂いた温かいお茶である。意外かもしれないが沖縄の冬は寒い。そんな日に嬉しい1杯。

  • いなり寿司

    じゅーしーの次にそばと相性の良いサイドメニューの堂々の第2位はいなりだろう(多分)。異論は許す。

  • 飲み物がセルフサービス

    飲み物がセルフサービスの店舗が意外と多いのには驚いた。そしてその種類も健康志向のメニューが多い。

  • 沖縄そば

    庶民の食堂が普通に出している沖縄そばが意外と美味かったりする。通常の沖縄料理として観光客にも。

  • ちんすこう

    その他にちんすこうも意外とそばと合うのだ。作り方は簡単なのでぜひ挑戦してみて欲しい。美味いぞ。

  • ソーメンのような沖縄そば

    ソーメンのような沖縄そば。その中には薄切りの豚肉、いわゆるスーチカーと呼ばれるものであろうか。

  • ビール瓶箱を椅子に仕立てあげ、足踏みのミシン台をテーブルに活用

    ビール瓶箱を椅子に仕立てあげ、足踏みのミシン台をテーブルに活用している。こういう粋な店が好きだ。

  • 昭和後期の駄菓子屋(まちやぐぁー)のような雰囲気

    昭和後期の駄菓子屋(まちやぐぁー)のような雰囲気を醸し出す一角。ワンコインで色々買えたもんだ。

  • 完食して空っぽになった器

    完食の図。スープまで飲み切りたかったが辛い味付だったので断念。ご馳走様でございました。

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ