那覇市 国際通り「奇跡の1マイル」

私にとって国際通りといえば、おめかし(古い!)をして行動の予定を立て、予算を大事に抱えて訪れる場所、だった。そう、以前はそのような神聖というか、那覇市以外の県民は那覇へ行く際に『街(まち)へ行こう』と口にした。今では観光客のおみやげ屋さんが軒を連ねる地域となったが、那覇(国際通り)を訪れることは沖縄県民の一つのステータスだったのだ。

沖縄県民から県外・国外の観光客へ

それが変わりゆく時代をちょうど私は青春時代で過ごしたのだ、気がつけば日用必需品は近隣の大型スーパーで手に入れるようになり、次第に足が遠のいた。また、娯楽がインターネットの登場とともに多様化し、行動範囲も変わった。国際通りは文字通り、県外・国外からの観光客を迎えもてなすストリートとなったのである。嬉しい半面、寂しくもある。

国際通りの一角の路地

メインストリートは歩道も整備されているが、一歩路地へ足を踏み入れると戦後の沖縄の雰囲気が残っている場所も数多い。カメラ片手に写真を取りながら散策する姿はよく見かける。私自身が経験しているのだが、ファインダー越しに写る那覇の町はまだいい意味でのレトロ感が残っている。

これから(今後)の国際通りの担う役割というか、立ち位置を、一県民として考えてみることがあるのだが、完全に観光客向きと化すのか、はたまた県民の足を取り戻すべく起死回生!?の秘策を展開するのか、その場合の案とは?など時間が尽きないが、今回の撮影でわかったことが一つあり、それは、私はまだ国際通りを知り尽くしてはいなかった、ということだ。

  • 夜明け前の薄暗い国際通り

    タクシーとゴミ収集車だけの、夜明け前の薄暗い国際通りを歩く。

  • ホテルJAL CITY那覇の入り口

    国際通りの中間地点にあるホテルJAL CITY那覇の入り口で立ち止る

  • 深夜の雑貨屋さんの商品陳列棚

    深夜(早朝)の雑貨屋さんの照明に照らされた商品陳列棚が輝く

  • 雑貨屋さんの店舗角のミニショールーム

    同店舗の雑貨屋さんの角のミニショールームが可愛い

  • 国際通りの松尾交差点の信号

    新たに道が開通した国際通りの松尾交差点の信号で佇む

  • 松尾交差点から楚辺向けの道路へ

    松尾交差点の信号したから撮影した楚辺向けの道路

  • 暗闇に浮かび上がる雑貨屋さん

    遠目から撮影した暗闇に浮かび上がる雑貨屋さん

  • むつみ橋交差点から松尾向けの道路

    信号と街路灯明かりを灯す松尾向けの道路

  • むつみ橋交差点のアスファルトのアップ

    ぼやける赤信号と冷たく黒光りするアスファルト

  • 閉店し改装中の旧オーパ[OPA]ビル

    閉店し改装中の旧オーパ[OPA]ビルの鉄柵門

  • 旧オーパ[OPA]ビルのブランド広告

    寂しさが残る旧オーパ[OPA]ビルのブランド広告

  • カラオケ館ビルを見上げた図

    格安で歌えるカラオケ館ビルを見上げた図

  • 闇と静寂に包まれた国際通り

    孤独感が募る闇と静寂に包まれた国際通り

  • 車道の中央線から見上げるアングル

    タクシーしか走行しない暗い車道の中央線からのアングル

  • 静けさの中の夜の国際通り

    暗闇と静けさの中の夜の国際通りの車道中央から撮影した道路

  • 国際通り近くのアパートのグラフィティ

    国際通り近くにはグラフィティ(スプレーアート)が散乱する

  • 街灯が灯す夜の緑ヶ丘公園

    誰もいない街灯が灯す夜の緑ヶ丘公園の広場の様子

日中(お昼)の時間帯の国際通り近辺

深夜・早朝とは打って変わって、日中の時間帯は車・バイク、地元民・観光客が行き交う忙しない空間となる。午前中は観光客が少ないのだが、それはツアーに組み込まれた名所巡りに行っているからで、夕刻(夕方)から夜にかけては地元のウチナンチュよりも観光客が多くなる。

  • 久茂地界隈で人気のお土産観光品店

    国際通りの久茂地界隈で人気のお土産観光品店

  • 八重山諸島の伝統行事あんがまのお面

    八重山諸島の伝統行事あんがまのお面が看板に!?

  • 午前(朝)の開店前店舗が多い国際通り

    午前(朝)中はまだ開店前の店舗が多い国際通り

  • 観光品店の前のベンチに座るキャラクター

    観光品(お土産)店の前のベンチに座るキャラクター

  • 街路樹の椰子の木と立ち並ぶ店舗ビル

    南国気候に映える街路樹の椰子の木と立ち並ぶ店舗ビル

  • 視線の奥まで真っ直ぐに続く奇跡の一マイル

    戦乱を生き抜いた奇跡の一マイルと呼ばれる国際通り

  • 夏の快晴の青空の下の国際通り

    夏の快晴の青空と白い雲の下の国際通り

  • お土産品店に陳列されたハブ酒

    お土産品店に陳列されたハブ酒。独特の味がする泡盛だ

  • 泡盛専門店のお土産観光品店

    泡盛を専門にした観光品店の店内の様子

  • 人通りの少ないが雰囲気のある路地

    国際通りはメインストリートよりも路地裏が楽しいと聞く

  • ビルとビルの間の狭い路地

    ビルとビルの間の狭い路地の先には民家が並んでいる

  • 商業ビルの背後に佇む沖縄古民家

    商業ビルの背後に佇む沖縄古民家と路地裏の通路

  • 赤黒く錆びたトタンとフェンス、そして路地

    赤黒く錆びたトタンとフェンス、そして路地

  • ガムのポイ捨て禁止の警告案内

    多国語表記されたガムのポイ捨て禁止の警告案内

  • 物憂げな雰囲気の路地の一角

    複合ビルの裏にある物憂げな雰囲気の路地の一角

  • 閑散とした沖映通りの駐車場前の道路

    閑散とした沖映通りの駐車場前の道路

  • むつみ橋交差点の市場本通り入り口

    くまもんが進出したむつみ橋交差点の市場本通り入り口

  • むつみ橋交差点の歩行者信号と国際通り

    むつみ橋交差点の歩行者信号と国際通り

  • 様々な表情のシーサー陶器たち

    個性豊かな様々な表情のシーサー陶器が並ぶ

  • アメリカ生まれ沖縄育ちのブールーシール

    アメリカ生まれ沖縄育ちのブールーシールアイスクリーム

夜も続く繁華街の国際通り

午前中・日中のお昼は地元の沖縄人(ウチナンチュ)が闊歩する国際通りだが、夕刻から夜にかけては名所の観光巡りを終えた観光客や学校の授業を終え帰路の前に立ち寄る学生たちで賑わう。

  • 市場本通りのアーケード街

    買い物客で賑わう市場本通りのアーケード街

  • 日が落ちた夜も営業する観光品店

    日が落ちて暗くなっても営業を続けるお土産観光品店

  • 店舗の照明に照らされる道路のアスファルト

    店舗の照明に照らされる道路のアスファルト

  • 雑多なお土産(商品)が並ぶお土産屋さん

    雑多なお土産(商品)が並ぶお土産屋さんの陳列棚

  • 沖縄オリジナルのお土産パッケージの数々

    沖縄オリジナルのお土産パッケージの数々が並ぶ様子

  • 手書きの大きなポップ(POP)広告を下げた観光品店

    盛大な呼び込みをするスタッフと豪快に並べられた商品

  • 路地の壁に描かれたアートグラフィティ

    路地に入ると壁に描かれたアートグラフィティを発見

  • コインパーキングと街灯に続く道路

    路地にはそこで生活を営む住民たちの足あとが

  • 元ゲームセンターの焼肉屋さん

    元はゲームセンターだった焼肉屋さんのネオン

  • 滑走する路線バスと椰子の木

    バスレーンという規制のある国際通りを走行する路線バス

  • 夜の国際通りを走行する自動車

    すっかり日が落ちて暗くなった国際通りを走行する自動車

  • 青信号待ちの渋滞する国際通り

    青信号待ちの渋滞する国際通りのむつみ橋交差点

  • 広告看板が照明で光るむつみ橋交差点

    広告看板が照明で光るむつみ橋交差点の様子

  • 閉店後で照明の落ちた商業ビル

    深夜、営業を終え閉店した商業ビルの照明

  • 広告に埋め尽くされた交差点の一角

    人の視線が集まる場所は広告で埋め尽くされる

  • 青信号の交差点を渡る人々

    青信号になった交差点を早歩きで移動する人々

  • 何度も停止する渋滞した国際通り

    スムーズに進まない、何度も停止する渋滞した国際通り

  • 歩道上で作品を露天販売する人たち

    手作り・手描きの作品を商品として露天販売する人たち

  • 光り輝く巨大な広告ネオンの店舗

    色鮮やかに光るネオン広告が遠くからでも視線を集める

  • 沖縄県民も楽しめる種類豊富な商品の店舗

    沖縄とはかけ離れた商品も扱う県民も楽しめる店舗

  • 膨大な商品が陳列されたお土産品店

    手書きポップが印象に残るお土産品店

  • 軒先の商品に観光客が集まる様子

    学生風の観光客が店舗外に陳列した商品に集まる

  • オレンジ色に光ったあんがまの店舗看板

    昼間とは違ってオレンジ色に光るあんがまの顔看板

  • 照明で浮かび上がるお土産品店の南国市場

    招き猫のようなシーサーが鎮座するお土産品店の南国市場

  • ポップな色使いをテーマにした店舗

    爽やかでポップな色使いの店舗「雪塩菓房」

  • 怪しくも笑顏で客を招くシーサー

    国際通り入り口で客を招く巨大な笑顏のシーサー

夜が長い沖縄の街は眠らない

日中の沖縄はサンサンと照りつける太陽で外出を控える人が多い。そのため、日が落ちた夕暮れから行動を始めるのが常識、というか賢い生活の知恵でもある。もちろん、それは観光客にも十分伝わっていて、面白いお店は日が暮れてからでも楽しめるという便利さを堪能しているようだ。

  • 鮫(サメ)のオブジェが目立つおみやげ屋さん

    国際通り久茂地エリアのお土産品店を撮影した

  • 淡い照明の店の前を行き交う人々

    ピンク色の淡い照明の店の前を行き交う人々

  • 泡盛専門店の前で客寄せするスタッフ

    古酒泡盛の専門店で呼び込みをするスタッフ

  • 古酒泡盛の専門店のビル壁面

    古酒泡盛の専門店(古酒家)のビル壁面

  • 夜のお土産品店「守礼堂」

    夜のお土産品店「守礼堂」のヒトコマ

  • 松尾周辺の国際通りの店舗

    松尾交差点付近の国際通りの店舗

  • 英語表記の守礼堂のネオン看板

    英語表記の守礼堂のネオン看板が光る

  • ゴージャスな建築様式の店舗

    ゴージャスな建築様式の店舗スプラッシュ

  • 閉店の準備を始める観光品店の様子

    徐々に閉店の準備を始めるお土産品店

  • ライトアップされた那覇市牧志のホテル

    ライトアップされた那覇市牧志のホテル

  • マクドナルド那覇牧志店の外観

    24時間営業のマクドナルド那覇牧志店の外観

  • ステーキハウス88の光るネオン看板

    観光客も訪れるステーキハウス88の光るネオン看板

  • ステーキハウス88のウシくんアップ

    ステーキハウス88のマスコットキャラ牛君!?のアップ

  • 巨大な立て看板と歩道を歩く人たち

    人の背丈ほどの巨大な立て看板と歩道を歩く人たち

  • 古民家を模した瓦屋根のお土産観光品店

    レトロな古民家を模した瓦屋根のお土産観光品店

  • 光と影が入れ替わる時間帯の国際通り街

    ゆっくりと光と影が入れ替わる時間帯の国際通り街

  • 大人の夜の街、松山の交差点付近

    闇夜と共に明かりを照らしだすオトナの街松山交差点

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ