那覇市の金城ダムは県民(那覇市民)の憩いの場

とある日の早朝。那覇市のメインストリートである国際通りを沖縄県庁から安里向けに歩いてみた。営業している店舗はコンビニエンスストアぐらいしかない。人通りもほとんどない。筋道に酔っ払いが寝てはいたが。。。

目的地は金城ダム。約1時間ほど歩いて到着したそこは、安里川の洪水氾濫の対策として・防ぐために造られたダム。朝からゆんたく(おしゃべり)を楽しむ人、ウォーキング・ジョギングをする人、佇んでダムを見つめる人、様々な人がいた。

「わ」ナンバーの観光客(レンタカー)もチラホラ

沖縄高速道路の那覇インターから近いということもあり、また駐車場が無料ということもあってたびたび観光客が訪れるようです。中には金城ダムに駐車して徒歩で首里城散策に向かうという強者もいるとかいないとか・・・。

管理人のオススメとしては写真撮影としてもいいけど散歩コースに取り入れてみるとか。仕事の休日、朝早く目覚めてしまった日はちょいとクルマ(バイク)を走らせて、よんな~よんな~ウォーキングはいかがですか?

施設内の芝生スペース

雰囲気は家族連れでキャッチボールでもして弁当を広げてピクニックもできそうなんだけど、ハブ(毒蛇)が生息しているらしいからご注意を。ハブって岩陰や地面だけじゃなくて木の上に登っていることもあるんです。

あ、ちょこっと小休憩で立ち寄るなら甘いお菓子を食べながら佇んでみるのはどうでしょうか。近くにはショコラというケーキ屋さんがあるので、そこでスイーツを購入してダムへ、というコースもありです。

  • 金城ダムの上流

    金城町の石畳を下ると辿り着く金城ダム。水の流れる音が心地よいです。

  • 金城ダムの上流

    水が降る様子をぼ~っと眺めるだけでも時間の流れから解き放たれる。

  • 金城ダムの上流

    高所恐怖症なのであまり近づけなかったけどこの高さなら大丈夫

  • 金城ダムの俯瞰

    自分なりの周回コースを作成してみると散歩・ウォーキングも楽しくなる。

  • 階段の上から見下ろす

    坂道ダッシュならぬ階段ダッシュもできそうなコース発見!足パンパン。

  • ウォーキングに最適なコース

    ダムを取り囲むこの通路をコースにするのが一番歩きやすそうですね。

  • 高い場所からダムを撮影

    那覇市内では末吉公園に次ぐ憩いの場として管理人ランキングにランクイン!

  • 広いスペース

    ん?どこからともなく、三味線の音色が聞こえてくるようなこないような

  • 金城ダム

    水が風に揺れる波紋と、草木をぼーっと眺めるだけでも気持ちが安らぐ

  • 金城ダム

    立入禁止はもちろん、釣り、遊泳も禁止です。散歩などはご自由に

  • 金城ダム

    写真のおっちゃんのように所々で佇む人がちらほら。だって気持ちいいから

  • 水門近くの様子

    水が流れてくる上流へ向かってトボトボ歩いてみると何やら生き物が・・・

  • 水門近くの様子

    ん?水と戯れているのは、アヒル?お、お、結構な数がいるようです。

  • 水が流れる様子

    開放的な空間の中でアヒル?たちも気持ちよさそうに水浴びしてる

懺悔(ざんげ)じゃないが胸の奥の気持ちを吐き出す

ダムを流れる水の音を聞いていると胸の奥にしまい込んでいた気持ち、喉の奥で引っかかっている事が言えそうな気がする。何かを謝りたい時、プロポーズなどいろんな用途に使えそうだ(笑)

  • 側溝の水路

    歩行通路の脇にある側溝でも水が流れる様子が伺えますよ。

  • アヒル・バリケン

    カメラのレンズを向けると微動だにせずカメラ目線で応えてくれる

  • アヒル・バリケン

    さらに近寄ってみると逃げる様子もなく上目使いの目線でパシャリ

  • アヒル・バリケン

    この生き物、アヒルではなくバリケンというそうな?なんですかそれ

  • アヒル・バリケン

    肉用の家禽(かきん)でアヒルとはまた違った属腫なのだそうな

  • アヒル・バリケン

    なぜバリケンが金城ダムで生息しているのかは不明なのです

  • アヒル・バリケン

    自分の足元を見つめるバリケン。動作がいちいち可愛らしい

  • アヒル・バリケン

    つがいのバリケン?真っ白な毛並みが綺麗。食べたら美味しそう!?

  • アヒル・バリケン

    美味しそうだな、と心のなかで思ったら目が合ってしまった。ごめん

  • アヒル・バリケン

    飛べるのか飛べないのかまでは確認できなかったが、多分、飛べない

  • アヒル・バリケン

    だって、あまりにも肉付きがよさそうですもんね。あぁ、美味しそうだ

  • アヒル・バリケン

    こいつ、まだ見つめてやがる(笑)この人間ウマそうだ、と思ってるのか

  • 山の中にアンテナ?

    山の山頂付近にアンテナ?のような大きな機器を発見。なんだろう。

  • 緑豊かなダム

    お子様と、ご家族で涼みに来る方もいらっしゃるようです。

  • 高くそびえる壁

    風の音、水の音、葉と葉が擦れる音が反響して独特の雰囲気を作る

  • 2つの空いた穴

    なんだか飲み込まれそうなポッカリと空いた2つの穴。入ったらダメ?

  • 水が流れる様子

    水の侵食で少しずつ形を変える石の様子をずっと眺めていたい

  • 水が流れる様子

    チョロチョロちょろちょろちょろ、ジョロジョロじょろじょろ

  • 高台から水路を撮影

    こんな角度からも撮影出来ます。あ、まだこっち見てるよあいつ。

  • 金城ダム

    階段を登って山の方へ上がっていく。ハブに注意しながらね

  • 金城ダム

    城壁のような湾曲をした壁づたいに歩いてみるのです。

  • 金城ダム

    むはぁ~、気持ちええ!末吉公園と同じお気に入りに入れよう!

帽子に長袖長ズボン、飲み物と茂みには入らないように

那覇市民のウォーキングコースにもなっているようで多くの人が憩いの場として活用している金城ダム。緑豊かな環境も心地いいのですね。が、飲み物持参で水分を怠らないように、そして昆虫・虫さされ対策に肌を露出しないように。あとは、ハブが怖いので注意が必要ですよ。

  • 城壁のような場所

    さらに登って行くとこのような場所にたどり着きます。散策楽しい。

  • 高台から住宅地を撮影

    同じ場所から住宅街を撮影。眺め良さそうだけどあそこにもハブいるの?

  • 遠くに見える住宅地

    毎日こんな景色が眺められるなんて本当に幸せそのものだよね!

  • 高台から見える水路

    なんだか大人のピクニック(遠足)って感じで友人知人と来てみたいね

  • 広がるダム

    ん~、気持ちいい開放感ですな。那覇市内でこんな場所はそうないよね

  • 上から見下ろすダム

    ここで10分ほど佇んだんですけど本当に何もかも忘れて気持ちよくなれる

  • どこまでも続くダム

    あらあら、こんな場所にもゴミを捨てる人がいるんですね。悲しい

  • 上から見下ろすダム

    そうだ、チリって表現は沖縄特有だったでしょうか。本土はゴミだよね

  • 木陰から見るダム

    芝生の上で木の陰になった場所って風のニオイがするような気がする。

  • 緑豊かな様子

    那覇市内でこんな緑豊かな場所はそうそうないです。心安らぐであります。

  • 都会のオアシス

    足音だけをたよりに、目をつぶってゆっくりゆっくりと歩いてみる。

  • ワモンゴキブリ

    沖縄でよくみかけるゴキブリ(ワモンゴキブリ)も真昼間から出現です。

  • 森林浴

    ウォーキングを兼ねた森林浴とでもいいましょうか、気分リフレッシュ!

  • 芝生スペース

    首里の迷宮に迷い込んだような、テンペストの世界観を疑似体験です。

  • ダムを囲む柵

    ダムの周辺を歩いてみましょう。柵に沿って歩いてみると意外と楽しいよ

  • 小休憩スペース

    小休憩スペースもある。ユンタクしながら情報交換と体を休めてみます。

  • 広い水面

    試してはイないが、やっほー!と呼ぶと山びこが返ってきそうだ。でも止めてね

  • ゴミが溜まっている様子

    ダムの端っこに到着して見下ろしてみると・・・。ん?ゴミの塊が浮いてる

  • ゴミが溜まっている様子

    札束でも浮いていたら飛び込んだかもしれないが、これは、イカンぞ

  • ゴミが溜まっている様子

    ちょっと軽い衝撃というか、まだこんなゴミを捨てる人が後を絶たないのか

  • 小道

    ダムの敷地内にはこのような小道もあります。雨の日は滑りそうなので注意

  • 水面近くの眺め

    ダム水面付近の眺めもなかなか粋な感じがしませんか?これはこれでいいね。

  • アヒル・バリケン

    カサッという音に驚いて振り向くと、あらま、可愛いアヒル?バリケンがいた

  • 小道

    よっしゃ!では早朝ウォーキングも終わりに近づいて来ました。ささっとね。

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ