沖縄の植物・動物(自然)の写真素材

ハブやノグチゲラ、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ(西表山猫)など沖縄にしか生息しない動植物の写真を撮影したら、その画像もフリー素材として掲載しようと思ったんだ。って撮影できていないのが大半だし、そもそも沖縄に生まれ育ってもハブやヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなんて一生見たこともないなんて人も多いんだけどね・・・ (υ´Д`)

ってなことで身近に存在する植物(花・観葉植物)、例えばハイビスカスやサトウキビ、がじゅまる、果物(フルーツ)なんかでいうとマンゴ-、パイナップル、パッションフルーツ、パパイヤなんかだと撮影がしやすい。動物だとハブはさすがに無理っぽいけど、山羊(ヤギ)は提供できると思う。

花や植物、動物の写真素材

過去に撮りためてストックしていた写真(画像)を載せたいと思います。休日に歩きまわった場所で撮ってみました。

黄色い花

沖縄に生まれ育ったウチナンチュでも見たことがない植物、動物って意外に多い。西表島のイリオモテヤマネコ、本島北部のヤンバル地域に生息するノグチゲラ、ヤンバルクイナなどがそう。テレビや雑誌でしか見たことがない人がほとんど。

いつか撮影できたらいいな、なんていうプチ目標(夢)を描きつつ、日々地道にカメラ小僧(いや、カメラおじさん)を自認して歩き回っています。

沖縄の自然も危機が迫っている!?

僕が小さい頃は自宅の庭でもホタルがいたし、近くの川ではカエル、ザリガニも取れた。ちょっと離れた山に行けばクワガタや木登りトカゲも取れた。でも、今じゃ庭にはアリしかいない。近く川は道を作るために封鎖されて山には新種のハブがいるから怖くて行けない(il`・ω・´;笑)ノ

  • イベントでやって来た山羊(ヤギ)

    とあるお祭りイベントでやってきたミニ動物園のヤギ(山羊)さん。食い物くれとせがんでくる

  • 親ヤギと仔山羊

    山羊(ヤギ)は美味しくて可愛くて好きな動物なんだけど餌(草)を与えないとメェメェうるさい

  • 仔山羊の可愛さは猛烈

    大人の山羊は怒ると頭突きをしてくるから怖いけど仔山羊は可愛い。ペットとしても飼える

  • ヤギの鼻のアップ

    放牧地の草刈りの代用として山羊を飼育している人もいるそうだ。育った後は食べるのかな。

  • ドヤ顔の山羊(ヤギ)

    山羊(ヤギ)の目ってトカゲのような特徴があってよく見ると不気味。よく見るとだけどね

  • 餌の草に寄ってくる仔山羊

    こんな仔山羊を見るとアルプスの少女ハイジを思い出すんだな。あ、ヤギのチーズって美味いよ

  • 手で捕まえた木登りトカゲ

    偶然見つけた木登りトカゲ。十数年ぶりに見かけて気がついたら走って追いかけて捕まえていた

  • 正面を向いたドヤ顔の木登りトカゲ

    区画整理などで自然の山や木々が切り倒されてこんなトカゲを見掛けることはもうほとんどない

  • 諦めた感を漂わせる木登りトカゲ

    昔はこんな木登りトカゲや、ホタルも庭で普通に見れたけど今はもう限られた場所にしかいない

  • 立派に育ったリュウゼツラン(竜舌蘭)

    これはリュウゼツランという植物。漢字で竜舌蘭と書く。見た目も名前も格好良いいね。

  • 青空をバックに見上げたリュウゼツラン(竜舌蘭)

    なかなか花を咲かせない植物のようだが、僕は既に何回も見ている。運がいい。香りの良い花。

  • ほのかに香る白い花と青い空のリュウゼツラン(竜舌蘭)

    10メートル近い高さのリュウゼツランであるが、近寄ってみると蜂の巣が隠れていた。危ない。

  • 見事に咲き誇ったリュウゼツラン(竜舌蘭)の花

    大きくてとても良い香りのするリュウゼツランの白い花。虫だけじゃなく人間も引き寄せられる

  • リュウゼツラン(竜舌蘭)の葉に佇むバッタ

    ふと見るとリュウゼツランの葉にバッタが佇んでいた。しばし休憩のひと時の瞬間を撮影だ

  • リュウゼツランとバッタと蜂と白い花

    リュウゼツランとバッタと蜂と白い花。一度にこんな生き物に出会えた自分は幸運なんだな

沖縄の動物って人も含めてのんびり

時間の流れがゆったりしてる。そう表現されることの多い沖縄だけど、それは人間も動物も比較的ゆっくりとした生活を送っているからなのかもしれない。多分ね。日がな寝っ転がる猫、はどこでも一緒か。言葉では表現できないけれど、そうそう、沖縄ってそうだよねって共感する人は多いと思う。

  • オオゴマダラの黄金の蛹(さなぎ)

    日本一大きい蝶、オオゴマダラの幼虫が黄金の蛹に変身した。もうすぐ蝶に変身するんだ。

  • 沖縄本島南部のホースファーム

    沖縄県本島南部の南城市で偶然見つけたホースファーム。馬牧場?馬を触ったのは初めてだ

  • 草をほおばる馬

    青空をバックに草をほおばる馬。なんて絵になる風景だ。絵が描けたらなぁ、とシャッターをきる

  • 草をほおばる馬

    少しずつ、被写体に近づいて撮影をしてごらん、ってカメラの本で読んだことあるから実践

  • 草をほおばる馬

    牧場のスタッフに許可を得て近づいています。って一人だったら怖くて近寄れないんです。

  • 草をほおばる馬

    またがって散歩もできるようですが、怖いから断りました(笑)。大丈夫なのは猫ぐらい

  • 草をほおばる馬

    馬の骨格・筋肉の構造を把握して絵を描くことができたら、何でも描けるって聞いたことがある

  • 草をほおばる馬をアップで撮影

    馬ってこんな目をしてたんだ、こんなふうに草を食べるんだってのが近寄ったことで分かった

  • サトウキビと青空

    本島南部で撮影したサトウキビと青空の写真。青と緑の対比がwindowsの壁紙みたいで綺麗

  • 赤い花と黄色い花

    本島の北部で撮った花。赤・黄・緑の対比がいいね。なぜかこの日のベストショットだった

  • 草むらに佇むシーサー

    沖縄のシーサーって赤瓦の屋根、門柱の上などの場所以外でもいろんなところで見掛ける

  • 人懐っこいポニー

    なぜかアグー豚の生肉工場の敷地で飼われているポニー。人懐っこく話しかけると応えてくれた

  • グァバ(バンシルー)

    グァバのことを沖縄方言でバンシルーと呼ぶけど、宮古・八重山などは別の呼び名があるらしい

  • 島とうがらし

    家庭菜園でも作られていることが多い島とうがらし。自家製のコーレーグースを作る人もいる

  • 名前の分からない花

    ごめんなさい。綺麗な花だなぁと思って撮影したけど名前が分かりません。勝手につけようかな

  • センダングサ(栴檀草)に似た花

    沖縄の野草・雑草で有名なセンダングサ(栴檀草)にも似てるっちゃ似てる。名前なんだろう

  • パッションフルーツ

    沖縄の夏のフルーツといえばパッションフルーツ!?そういや自宅でなった実をたらふく食べた

  • パッションフルーツ

    自分が幼い時はグロテスクで食べられなかったけど大人になったら大好物になっちゃった!?

  • パッションフルーツの花

    この花は知ってます。パッションフルーツの花です。黄い玉をしたパッションの花なんです。

  • 熟していない緑のパッションフルーツ

    まだ熟していないパッションフルーツです。パパイヤと違って熟していない実は食べられないさぁ

  • 大きく育った島バナナの木

    島バナナさぁ。自宅で植えられていることも多いさぁ。買うと高いからみんな大事にしているよ

  • たわわに実った島バナナの房

    沖縄ではこんな島バナナが個人の商店の軒先なんかに下げられているのを見掛けることがあるよ

  • たわわに実った島バナナの房

    熟すと外国(東南アジア)からの輸入物バナナとは違った味がして美味しいんだ。高いけどね。

身近にあるけど気づかない沖縄の魅力

あまりにも当たり前すぎて感じなかったけど、本土から沖縄に観光で訪れた人に指摘されて沖縄の魅力を再認識した。特に、沖縄から県外に飛び出すことで、自分の故郷の素晴らしさを改めて知ることが多い。人情、自然、時間の流れ。学力全国最下位、低失業率、低賃金などボロクソに言われることもあるけどね。

  • ノニの実

    これは庭先になっていたノニの実。一時期ノニジュースなんてのが流行ったけど今飲んでる人いる?

  • 種を放出して枯れた花

    これは花が咲いて種が出来て、その種が飛び出した後の残骸、だと思う。違うかもしれないけど

  • サボテンの花

    とある道路で育っているサボテンの花。思わず車を停めて近づいて撮影してしまった一枚。

  • サボテンの花

    なんていう種類のサボテンかは知らないけれど、こんな刺々しい葉をしてるのに綺麗な花だなぁ

  • 一生懸命に花粉を集めるミツバチ

    花から花に飛び移って一生懸命に花粉を集めるミツバチをパシャリ。指で触っても無視された

  • ハイビスカスの花の花弁

    ハイビスカスの花の花弁を最接近で撮影してみた。ほんのりと甘く香る匂いには人も寄るんだよ

  • ハブを警戒しながら撮ったこの写真は、人が足を踏み入れないからこそここまで育ったんだ

  • 種を放出して枯れた花

    二段上の写真と同じ日に撮影した一枚だな。なんだか哀愁の漂う写真だ。物憂げな雰囲気だ

  • ピンク系のハイビスカスの花

    ピンク系のハイビスカスの花。沖縄ではハイビスカスは通年楽しめる。冬でも花を楽しめるよ

  • 立派に育ったアダン

    立派に育ったアダン。沖縄では昔はアダンの葉で草履を作ったりしていたとかしていないとか!?

  • アダンの実

    このアダンを撮影したのは山の中腹なんだけれども、とってもデカイヤシガニが下に隠れていた

  • アダンの実

    熟したアダンの実がヤシガニの大好物らしい。動物の死骸や卵、腐った果物までいけるそうだ

  • 公園の野良猫

    公園で弁当を食べていたら視線を感じた。振り向くと奴は目を逸らし、見ていないふりをした

  • 公園の野良猫

    野良猫には食べ物を与えない主義なのでこっちも見ていないふりをしたらニャ~と鳴かれた。

  • 寛いで寝る猫

    とある戦跡の広場で野生の欠片も見せずに寛ぐ猫さんを発見した。どんな神経してやがるんだ

  • 寛いで寝る猫

    最接近を試みるとちょっとした足音に反応して目を開いた猫。でも、まだ夢うつつの状態らしい

  • 寛いで寝る猫

    あぁ!目を開けてこっち見てる!ヤバイ!?気づかれたΣ(´Д`;)ノと思ったけど大丈夫!?

  • 寛いで寝る猫

    スクっと頭を上げて『ニャンだこの野郎』と言わんばかりの目つきで人間を睨む猫さん

  • 寛いで寝る猫

    上から見下ろすのは失礼だと思って視線を同じ高さにしたら許してもらえました、の一枚

  • 毛のない毛虫

    とある城跡巡りの最中に足元にやって来た毛虫。毛が無いけどね。毛が無い毛虫はなんていう?

  • 蘇鉄(ソテツ)

    立派に育ったそてつ。樹齢何年なんだろうか。伊江島ではソテツ味噌なんてのがあるんだよ

  • 蘇鉄(ソテツ)の実

    蘇鉄(ソテツ)地獄なんていう極貧・飢饉の時代があったことを忘れてはいけませんな。今の若者は

サイト内検索

沖縄家庭料理・食物・野菜・果物フルーツ